Menu

導入による効果

男性

情報収集と解析の自動化

企業において、顧客の獲得や売り上げ向上に欠かすことのできないものとしてマーケティング活動がある。マーケティング活動では、需要状況を調査し顧客にどのようなことが求められているかを把握することが中心となる。それらの調査結果から、実際の営業活動への反映を行い売り上げ向上などに繋げられている。これらのマーケティング活動について最近注目されているものとして、マーケティングオートメーションがある。マーケティングオートメーションでは、顧客がどのようなことを求めているかなどの情報収集や分析などをツールを用いて自動化するものである。これまでは、マーケティング部署の担当者が個別に調査し、実際に行動することで情報収集などが行われていた。しかし、マーケティングオートメーションではそれらの情報収集を自動化し、収集された情報をツールが分析することで営業活動で活用しようとするものである。数年前から日本でも導入が広がっており、成功事例も多く出てきている。マーケティングオートメーションの成功事例としては、ツールで解析された情報を社内で情報共有することで、スムーズに活用できるといった事例がある。例えば、マーケティング部門と営業部門の連携が強化されることで、より会社として対応が進めやすくなったなどの事例がある。最近では、ビッグデータを活用した事例なども出てきている。さらにAIと組み合わせることで、より的確な情報解析が期待されている。

Copyright© 2018 マーケティングオートメーションを導入【休眠顧客の活性化の事例】 All Rights Reserved.