Menu

在宅でもできる仕事

オフィス

文字化する仕事の仕組み

副業が許可されてきているなかで、昔から在宅でも手軽にできる仕事として、テープ起こしというものが存在します。テープという言葉が付いている通り、会話内容を録音できるようになってからこの仕事は存在し、文字化して保存する方法として、幅広く利用されています。その方法はその時の機器によって変化してきていますが、現在では録音された内容を聞きながら、パソコンなどでテキスト化掏る方法が一般的です。テープ起こしに対応した録音機器も存在しており、実際に聞くこと以外でも、巻き戻しや早送りなどの機能を駆使して文字化していきます。テープ起こしを行うときにあると便利なスキルとして、パソコンへのキーボード入力の速さはもちろんありますが、会話の聞き取り能力も重要です。録音された内容によっては、専門的な言葉が多く含まれており、それを正しく理解しないと、正確な文書化ができないことになるのです。よってテープ起こしする前には、事前に専門用語集を纏めておき、作業中にすぐに確認できるような工夫も重要です。またスマートフォンのアプリによっては、録音された内容を自動的に文字化するものもありますので、それを利用するのも、良い方法です。このアプリを使うことで、取り急ぎ文字化だけしておき、専門用語集とも照らしながら、修正していくことで、テープ起こし自体の速度を早めることが可能です。このように過去から手軽にできる仕事として、テープ起こしが存在しますが、その時に使える機器に対応して効率が良くなっていくのです。

Copyright© 2018 マーケティングオートメーションを導入【休眠顧客の活性化の事例】 All Rights Reserved.